開発

地主さんから土地を仕入れる。その①

投稿日:

今回は地主さんから土地を売ってもらう(業者的には仕入れ)ことを

語りたいと思います。

 

まあ、いきなりすべてを話せるほど、単純な内容ではないので、

何回かに分けてお話できればと思っております。

 

売主業者は、常に良い土地を探してます。良い土地っていうのは、次の通りです。

 

 

1、売り出したら、すぐ売れる土地(当たり前ですね)

2、安く仕入れて、高く売れる

3、抵当権が「確実」に抹消できる

4、地形がよい

5、地中埋設物がない

6、隣地とトラブルがない

7、境界でもめてない

8、立ち退き交渉が簡単そうな感じ

9、擁壁を組まなくても利用できる

10、売主がややこしいこと言わない

 

サクッと書いても、これだけすぐに出てきましたね。

考えればもっと出てくるんでしょうけど、キリがないので、この辺で止めておきます。

 

ちなみに上記1〜10が揃ってる土地って、なかなかありませんね。

大体が金額で高いこと言われてしまうことが多いです。

 

わたしは、会社の方針で上記の内容の真逆の土地を探しておりました。

 

 

だから、まあ、たくさん出てきましたね。

 

 

ややこしい地主相手(会うたびに言ってることがチンプンカンプン)だったり、

地中埋設確認したら、昔の大きな下水管が埋まってて、撤去しようと思ったら、

隣地の建物が傾くから撤去不可でした。。。なんて土地だったり、

 

立ち退き交渉行ったら、ゴミ屋敷で、クサくて玄関先でも酸欠で会話ができなかったり、

 

遺産相続の親族会議に呼ばれて、面白そうだから、参加したら、

案の定、「どっちの味方なんですか?」的なことで親族に詰められたり、

 

古家撤去工事中に、工事業者が間違って、隣地のトイレ下水管を切っちゃって、

販売予定地がうんこまみれになってしまった事。クサすぎて死ぬかと思った。

 

 

見た目は大地主。もちろん、土地いっぱい持ってて、うらやましい。

と思ってお話したら、何十年も運用で失敗続きで、キャッシュがなく、

名義人が超高齢でいつ旅立つかわからない状態で、相続予定者達が

当代が死んだあとの処理の準備(多額の相続税の用意)に翻弄されまくっている所に

営業をかけてしまって、「高値で買ってくれ!」「現金スグほしい!」など、

さんざん追いかけられたこと。

 

立ち退き交渉に行ったら、入居者全員が超高齢の生活保護者だった事

 

などなど、

土地自体が面倒くさい。

所有者が面倒くさい。

状況が面倒くさい。

と、いろいろありましたね。

 

大体はそんな面倒くさい案件を、面倒くさい内容付きで

思いっきり安く買い叩いてきて、

面倒くさいことを見事に処理し、問題ない完璧な普通の土地に仕上げて、

何気ない顔で、普通に売り出すだけですごく儲かるわけですね。

 

しかし、すごく面倒くさいことが多すぎです(泣)

 

不動産以外のこともいっぱい知っておかないと対応できないことも多々あります。

なので、ずっと仕入れをやってる人って、すごい人だなあと思っています。

 

わたくしは数年しか、我慢できませんでした(笑)

 

なので、仕入れ営業目指す人は気合を入れつつ、感覚は柔軟に。

そして、スポンジのように何でも吸収に務めるマジメさが必要です。

 

お読み下さりありがとうございました。

 

-開発
-, , ,

執筆者:

関連記事

地主さんから土地を仕入れる。その②

前回に引き続き、地主さんから土地を仕入れることを語りたいと思います。   実は地主さんもいろいろ事情や都合があるんですよね。   もちろん、すべてを知ってるわけではないんですが、 …

地主さんから土地を仕入れる。その③

  地主さんから土地を仕入れる。その③を語りたいと思います。   え!飽きてきた? そんなことを言わず、お付き合い下さい(笑)   それでは、始めますね。   …

元不動産マンのくすてつです。

業界歴約20年でいろんな事を経験。
そして、いろんな事があったので、
業界とサヨナラしました。

不定期ですが、いろんな裏話暴露話を
お届けしたいと思います。
宜しくお願いします。